1/144 地球連邦軍試作モビルスーツ RX−78−2 ガンダム

 1/144HGUCガンダムが完成しました。HGUCシリーズの場合、例えばコアブースターみ
たいないわゆる旧キットとは違って、塗色の塗り分けがあまり必要ありません。バンダイ伝統
の多色成型でパーツが作られていて、既に塗り分けがなされているのです。ですので作業の中
心は、継ぎ目処理とか、形の整えになります。

 このHGUCガンダムは、上記の作業の他、塗装に関しては基本的につや消しクリアーの吹
きつけによるプラの成型色を生かした仕上げにしました。いわゆる簡単フィニッシュと言われる
ものです。

 なお、この顔面アップ写真。両目が光ってるのは、画像加工によるものです。

 まず通常の立ちポーズ。プロポーション
いいですね〜 HGUCの特徴である、設
定画に近いあっさり目のディテールが私は
好みです。
 手を加えた部分は、頭部のアンテナ。こ
れを細くシャープに削りこんでいます。(上
の写真もご覧下さい) あと全体的にペー
パーがけをして、成型時のプラのむらを消
しています。クリア塗装の後でムラが見え
ないようにするためです。

 塗装で塗り分けが必要なところは、首の
グレー(これも上の写真でご覧を)と、腹部
の黄色いV字型の部分です。黄・赤・青の
部分は軽く塗装しました。白・グレーの部
分は継ぎ目が見えそうなところを中心に軽
く塗装してます。最後に全体的につや消し
クリアーを吹いて表面を整えました。

 このように、部分的に色を吹いてますの
で、クリア仕上げのみのいわゆる「簡単フ
ィニッシュ」とは異なるかもしれません。


 左上の写真、背後から見るとこんな感じ。写真ではわかりにくいのですが、腰のところに蓋が
あって、コレを外しステイを取り付けると、バズーカがラックできます。

 右上の写真は、ライフル両手持ちです。肩関節のせり出しギミックがあるので、ご覧のような
ポーズがとれます。これは良いですね〜。


 次に、ハイパーバズーカ。肩から担いで構えますが、指の角度がちょっときつめなのでポージ
ングに制約があります。なお、原作のバズーカは、白とグレーの塗り分け塗装なんですが、今
回は面倒くさくて一色塗りにしてしまいました。


                 続きは2ページ目へ…ここをクリック




トップへ
トップへ
戻る
戻る



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO